リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > トナーカートリッジのリサイクルにおける品質や劣化の問題と業者選びの大切さ

トナーカートリッジのリサイクルにおける品質や劣化の問題と業者選びの大切さ

プリンターや複合機のランニングコストを下げるという目的でトナーカートリッジの再利用が注目されるようになってきています。

メーカーとしてはメーカー純正品を使用することを推奨していますが、それに比べて安価に手に入れることができるリサイクル品を使用することによって大幅なコストダウンが望めるということがよく知られるようになったからです。

しかし、実際にリサイクル品を使用する上で気にかかってしまいがちなのが、印刷の品質の良さとトナーカートリッジの劣化の進行です。

メーカー純正品の場合にはその品質も保証され、不具合が生じた場合には速やかにトラブルに対応してもらうことができます。
しかし、それがリサイクル品でどうなるかということも気にかかります。

リサイクル品では使用済みのカートリッジのクリーニングや整備が行われ、そこに新しくトナーを充填して出荷されています。印刷の品質はトナーの品質の影響を受けることから、どういったトナーを使用しているかということには留意しなければならないでしょう。

メーカー純正のトナーを充填している場合にはその点では安心できます。

一方、繰り返し使用することでカートリッジ自体は劣化が進むのも事実です。

その管理のために繰り返し利用する回数を制限していることが多く、それによって劣化の進行してしまったトナーカートリッジが出まわらないように配慮されています。

不具合が生じてもサポートを行う業者も多いことから、しっかりと業者を選べば安心して使用できるでしょう。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る