トップページ > 役割を考えて経費削減につなげるトナーカートリッジの交換

役割を考えて経費削減につなげるトナーカートリッジの交換

オフィスではプリンターや複合機を利用して書類やポスター、チラシ等の様々な印刷が行われます。 その消耗品としてよく交換をすることになるのがトナーカートリッジであり、印刷をすることが多い現場では年間に何度も交換をすることになりがちです。

そのため、印刷にかかる経費を考えると大きな割合を占めることになってしまっていることも珍しいことではありません。トナーカートリッジは印刷のための必需品であり、残量が減ると高くても交換をせざるを得ないというのが多くのオフィスの状況です。

しかし、トナーカートリッジはそのインクを収めておくための筐体であり、カートリッジ自体にはある程度の耐久性があるため、容器ごと新品にするよりも、インク部分だけを補充することができればより経費を抑えられると考えることができるでしょう。

こういった形でトナーカートリッジの役割を考えると、コスト削減の方向性が定まります。実際に、カートリッジ部分を回収してインクを充填するサービスを提供する業者も存在しており、新品のカートリッジを購入するよりも極めて安価で実施してもらうことができます。

充填済みのカートリッジとの交換を依頼することも可能であり、これによってカートリッジを預けることによってプリンターが使えなくなってしまう期間もなくすことができるでしょう。そういった形で役割を考えて経費削減へとつなげていくのが賢い考え方となっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る