リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 印刷ページ数が異なるトナーカートリッジもあるCRG-519とその費用対効果

印刷ページ数が異なるトナーカートリッジもあるCRG-519とその費用対効果

リサイクルトナーが普及するようになったことで、トナーカートリッジの使用についてある程度の理解を持つことが必要になりました。使用している機種によって対応しているカートリッジが異なるため、それを正しく注文しなければ使用することができないからです。

A4業務プリンターとしてよく用いられているレーザービームプリンターであるLBP6300シリーズはキャノン製のコンパクトなデザインのものです。これに用いられているトナーカートリッジはCRG-519やCRG-519IIという型番のものです。

これらの違いは印刷ページ数の違いであり、前者は2100ページ、後者は6400ページに対応しています。リサイクルトナーであっても両者に対応するカートリッジが提供されているため、使用頻度と価格に応じて選ぶことができます。

どちらが安いかは業者によっても異なりますが、プール型で提供されている場合には在庫数が多いほど価格が低下する傾向があるのが事実です。

オフィス現場では印刷枚数が多いため、印刷枚数の多い方を採用していることが多く、結果としてプールされているカートリッジ数も多くなる傾向があります。そのため、CRG-519IIの方が純正品の場合の違いにもまして費用対効果が高くなっているのが一般的です。

これまで他方を使っていたからといってそれを継続しなければならないということはなく、より現場での使用に適したものを選ぶことが大切です。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る