トップページ > 生産終了したc310hでもリサイクルトナーカートリッジの普及によって安心可能

生産終了したc310hでもリサイクルトナーカートリッジの普及によって安心可能

トナーカートリッジはプリンタや複合機を使用する上では最も頻繁に交換が必要とされるユニットであり、交換の際にはその機種に対応している製品を探して手配しなければなりません。

純正品を購入する場合には機種名をメモしておけば該当する品を発注したり、量販店で購入したりすることができるのが一般的です。しかし、コスト削減を考えてリサイクルトナーを用いるという場合にはその型番を覚えておいた方が無難です。

中には対応する商品について記載がない場合もあるからであり、どの商品を購入したら良いかわからないという状況になる場合もあります。どの会社の製品かというだけでは唯一に決まることはなく、プリンターや複合機の種類によって対応しているトナーカートリッジも異なるということに留意が必要です。

また、製品によっては生産終了が起きてしまっている場合もありますが、リサイクル品ではそれでもなお流通しているということがよくあります。

IPSiOの製品を用いている場合にも、c310hというトナーカートリッジがありますが、これは既に生産終了がなされており、在庫品によってまかなわれているのが現状です。

しかし、対応する複合機を使用している現場も多いことから、リサイクルトナーは広く普及している状況ができています。そのため、将来的にも長く使用できると期待することができるでしょう。

リサイクルトナーが普及していることにはそういったメリットがあります。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る