リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > プリントの仕組みを考えてトナーカートリッジの交換にかかわる経費削減

プリントの仕組みを考えてトナーカートリッジの交換にかかわる経費削減

多くの場合、事業を行って企業を経営していくためには、オフィスを構えなければなりません。
その際にはオフィスに必要なオフィス家具や電化製品などを揃えていく必要があります。

その必需品の一つがプリンターや複合機であり、どんな事業であっても書類を印刷するために不可欠なオフィスアイテムとなっています。

プリンターや複合機の運用をしていく上では消耗品の補充が必要になり、トナー交換は最も頻繁に行われることの一つです。
毎回のトナーカートリッジの交換にかかるコストは意外に高価で、純正品のトナーを購入し続けていると印刷コストだけでも経費がかさむことになりがちです。

しかし、その印刷の仕組みを理解すると、交換の際に無駄を行っていた場合にはそれに気づいて改善を行っていくことができます。

レーザープリンターの場合にはトナーカートリッジとドラムユニットとがあるのが一般的であり、トナーが空になるとエラーが出て印刷ができなくなります。この際にトナーが入っているのはトナーカートリッジであり、ドラムユニットはそのトナーを使って印刷を行うのに必要なユニットです。

これらがセットで販売されていることが多いため、同時に交換してしまう場合もありますが、ドラムユニットはより耐久性があるために一般的には交換が不要です。

また、トナーカートリッジも基本的にはトナーが入れられている容器であることから耐久性があり、毎回交換する必要はありません。
リサイクルされた製品を用いることでより安価に使用していくことができるでしょう。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る