リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > リサイクルトナーの抱える品質と動作の問題とリサイクル業者の事業展開

リサイクルトナーの抱える品質と動作の問題とリサイクル業者の事業展開

トナーを安価に使用するという観点から重要になるのがリサイクルトナーの使用であり、その利用が広まってきているのが現代の特徴です。トナーカートリッジを再利用してトナーをシア充填することによって使用できるようにしたものがリサイクル品であり、それを取り扱う業者も多くなってきました。

価格にも比較的大きな幅があるものの、純正品や汎用品に比べて極めて安価であることが多く、そのコスト面を重視して使用を開始するケースが多くなっています。しかし、しばしば問題として掲げられるのが印刷の品質と動作不良です。価格競争が進められている結果として安価で質の悪いトナーを充填して販売しているケースが見られるようになってきており、そういった製品にあたってしまうと印刷の品質が大きく低下してしまいます。

また、繰り返しカートリッジを使用していることによって徐々に劣化が進んできてしまい、それが原因でプリンタの誤作動や動作不良が生じることがあります。そういった際にメーカーの保証を受けることもできないことに加え、状況が悪い場合には修理も難しいという事態に陥ってしまいます。そういった問題が生じうるのがリサイクルトナーの使用です。しかし、そういった状況が認識されるようになってきたことを受けて、リサイクル業者では品質管理を重視する傾向が強まってきています。

リサイクルトナーや使用するトナーの品質を保持する方針を打ち出すことでその信頼を勝ち取る方向に事業が展開されてきているのが現状です。



お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る