リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 品質の不安を払拭する方向に進むリサイクルトナー

品質の不安を払拭する方向に進むリサイクルトナー

トナーカートリッジの再利用をすることによって印刷にかかる費用を削減するということが注目されるようになりました。カートリッジ本体は理論上は何度でも使用できるということが認識されるようになり、全てを交換してしまうよりもトナーを新しく詰めることによって再利用することが費用を下げることにつながります。そういった形で提供されるようになったリサイクルトナーは家庭レベルからオフィスレベルまで広く利用されるようになってきました。

そのコストパフォーマンスの高さを評価する人も多いものの、品質に問題が出てしまうことが懸念されて使用を断念するケースもしばしばあります。実際に使ってみないことにはその品質がわからないというのが事実であることは確かであり、メーカー純正品の信頼性に比べるとある程度の見劣りが出てしまうことは否定できません。しかし、その信頼性を獲得することこそがトナーのリサイクル業者にとっての大きな課題となっていることから、その点に着目した技術開発とサービス展開が行われるようになってきているのが事実です。

リサイクルトナーとして安価さを追求したものがある一方で、品質の高さを追求しながら低価格を維持しているものも増えてきています。回収されたカートリッジのメンテナンスの丁寧さだけでなく、そのリサイクル回数の管理を行ってリサイクル回数を制限したり、使用するトナーの種類を純正のものにしたりといった方針がとられることが多くなっているのが現状となっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る