リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > トナーカートリッジとドラムユニットを同時に交換しないでコスト削減

トナーカートリッジとドラムユニットを同時に交換しないでコスト削減

プリンタのランニングコストを下げるためには安くトナーを手に入れるということが重要な観点になります。その際に留意しておくと良いのは、交換が必要になった際には必ずしも全てが使用不可能になったわけではなく、印字をするためのトナーが不足してしまったというのが原因であるという点です。

そのため、カートリッジに再充填を行えば再利用が可能であり、全てを交換する必要は必ずしもありません。何度かの使用に耐えられる程度の耐久性は持っているのが事実であり、適切なメンテナンスも行われていれば何度も繰り返し使用することができるのが事実です。ドラムユニットのように当面は使用し続けることができる部品が多い中で最も交換が必要になるのがトナーであり、その部分だけに着目して交換を行えばランニングコストを大幅に下げることが可能でしょう。

そういったサービスが提供されるようになってきているのが現状です。リサイクル品を使用するのが心配に感じられる場合にも、ドラムユニットとカートリッジを同時に交換してしまわずに、カートリッジのみを純正品と交換するという方法でもコスト削減が可能です。その際には純正品ではなく、メーカー保証がないだけで安価に入手ができる汎用品を用いることもできるでしょう。いくつもコスト削減のための選択肢が提供されるようになってきているのが現状であり、品質への安心感とコスト面のバランスを考えて適切な選択をしていくことができるようになっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る