リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > トナーの純正品か汎用品かを選択する際の着眼点

トナーの純正品か汎用品かを選択する際の着眼点

トナーとして市場に出ているものにはいくつかの種類があります。プリンタのメーカーからは純正品の使用が求められており、そのメーカー保証を受けられるという点で大きなメリットがあるのが事実です。

しかし、より安価に入手可能なものとして汎用品やリサイクル品があります。リサイクル品は中古品であるということから、純正品とは異なるものであるのは明らかでしょう。しかし、汎用品はメーカーのブランドとして販売されていないというだけであって、基本的には純正品と同一の物であるということに特徴があります。販売店が自分のブランドとして販売したり、ノーブランドという扱いで販売したりすることが主な目的としてメーカーによって生産されているのが特徴であり、メーカーによる保証が受けられないだけで、本来あるべき品質を持ったトナーとして信頼できる製品となっています。

リサイクル品の場合にはその品質や耐久性が問題視されがちですが、そういった点で不安を感じることなく使用でき、価格も純正品に比べると安価であるというのがメリットとなっています。印刷をする上では最も消費量が多い消耗品がトナーであり、その費用を下げられるというのはメリットとして着目されることが多く、メーカー保証の有無とを天秤にかけて純正品との選択をするということが増えてきています。需要の伸びに応じて取り扱っている販売店も多くなってきており、入手も容易な状況ができてきています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る