リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > トナーカートリッジと感光体の寿命の違いを理解して実現するコスト削減

トナーカートリッジと感光体の寿命の違いを理解して実現するコスト削減

書類の印刷はどういった企業であっても不可欠なものであり、その大量印刷にたえるという目的でトナーを使用するタイプのプリンターや複合機が設置されているのが一般的になっています。大量に印刷をすることから消耗品の交換も頻繁に行われなければならないことが多い現場が多く、トナー交換はプリンターや複合機を使用していく上での大きなコスト要因となっています。

そのコスト削減を考えることは重要な考え方であり、ランニングコストを削減するためにプリンターや複合機が印刷を実現する際の仕組みについて理解しておくことが大切です。印刷を行う際には紙に対してインクを焼き付けるというのが基本であり、インクを溜めておくカートリッジと焼き付けを行う感光体とがその中心的な役割を果たします。インクの消費と感光体の消耗が印刷のたびに起こるため、この二つが消耗品として高頻度で交換されることになります。しかし、その寿命にも違いがあるのが事実であり、同時に交換する必要は必ずしもありません。

一体型になっている製品も多いものの、それによって無駄に交換が必要とされてしまっているのが事実です。よりランニングコストを削減するためには両者が分けられているものを選び、それぞれを必要になった時点で交換するということがよりよいでしょう。一般には感光体の方が長寿命であり、トナーカートリッジを四回前後交換する度に交換するという頻度で品質を保てるようになっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る