リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 市場にあるトナーの種類とその違いの比較

市場にあるトナーの種類とその違いの比較

プリンタを使用する上で最も頻繁に交換することになるのがトナーであり、そのランニングコストを考える上では最も大きな要素となっています。

プリンタのメーカーからは純正品を使用することが強く求められていますが、実際には純正品以外にも流通しているものがあり、それらの違いを理解してより現場に合ったものを選んでいくということができるようになっています。

純正品トナーカートリッジのメリット・デメリット

純正品のメリットはそのプリンタに適合した確かな品質のものを使用でき、そのメーカー保証も受けられるという点です。その分だけ高価になってしまいがちなのがデメリットとなっています。

汎用品トナーカートリッジのメリット・デメリット

それに比べて比較的安価に購入できるのが汎用品です。
汎用品はメーカーによって純正品と同様にして製造されているものであるものの、メーカーによる保証が行われないノーブランドの製品として生産されたものであるというのが特徴です。

保証が行われないというのはデメリットになりますが、メーカーが保証する純正品と同等の品質が確保されている製品を安価に使用できるメリットがあります。

リサイクル品(再生品)トナーカートリッジのメリットと注意点

一方、これらと大きく異なるのがリサイクル品であり、新品ではなく、カートリッジを再利用してトナーを充填することにより再生されたものを指します。

安価であるというのが最大のメリットであるものの、その品質はピンからキリまであることからよく比較検討をして選ぶことが必要になります。

これが現状として市場にあるトナーの種類とその違いとなっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る