リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > ドラムカートリッジを購入した際の保管方法の基本

ドラムカートリッジを購入した際の保管方法の基本

消耗品であるトナーカートリッジやドラムカートリッジは同じレーザープリンターを長期間にわたって使用する場合にはまとまった在庫を抱えておくこともよくあります。安価に購入できるときや予算が余った際にいずれ使用するものとして購入しておくということがよくあるからであり、気づいたらかなり古いものが保管されていたということもよくあることです。

頻繁に交換するトナーカートリッジとは異なり、ドラムカートリッジは特にそういった状況になってしまいがちです。しかし、その保管が正しく行われていないと使用しようと思ったらうまく動作しないということになってしまうリスクがあるのも事実であり、正しく取り扱いをすることが大切になります。その特徴として光や熱に弱いという特性を持っていることから、直射日光に当てたり、高温や低温の場所に置いたりしないということが大切です。特に光に対する脆弱さは顕著であり、基本的な梱包として黒色の袋に入れられているのはそれが理由となっています。

また、立てたり裏返しにしたりすることも故障の原因になるため、箱に記載されている正しい向きで置いておくということも忘れてはならない点です。開封後は速やかに装着して使用するということが原則ですが、もし誤って開封してしまった場合にももともとの梱包の状態に戻しておけば保管することが可能です。ただし、光や温度に対してはより注意を払う必要が生じると留意しておくことが大切です。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る