リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 感光体の交換時期について

感光体の交換時期について

感光体とは、一般的にはレーザープリンタや複合機でいうところのドラムカートリッジのことを指します。この交換時期について解説していきます。そもそも、感光体とはドラムカートリッジの部品の一部であり、これのみを交換することは、素人レベルの方がされることはお勧めしません。

カートリッジの中でも静電気の電圧調整などを行うものであり、手で触れてしまうと印刷障害を引き起こす可能性があります。ですので、交換の際はカートリッジごと交換することをお勧めします。カートリッジの寿命はA4用紙での印刷に換算しておよそ6000~10000枚と言われています。先ほどにも書きましたが、静電気を扱う部品のため、寿命を超えて使用し続けることは印刷障害または、プリンタ本体の故障につながってしまうためお勧めできません。

また、リサイクル品を使用することもおすすめしません。リサイクル品はあくまで中古製品であり、仮にドラム部分を交換されていたとしても、メーカーが開発しているものではありません。そのため、パフォーマンスが落ちてしまい、印刷可能枚数に達する前に印刷障害が発生してしまう可能性があります。また、交換部品も中古製品という場合がありますので、購入したものを取り付けた段階で印刷障害が発生してしまうケースもあります。値段は高くなりますが、プリンタの各種消耗品を交換される際は、メーカー純正品の新品を購入して使用されることをお勧めします。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る