リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 環境推進トナーとリサイクル品との違いとなっている品質と保証

環境推進トナーとリサイクル品との違いとなっている品質と保証

プリンターの消耗品であるトナーはプリンターを使用する上で最もランニングコストがかかる部分です。純正トナーを使用することがメーカーから推奨されているものの、そのコスト面を考えて純正品ではなく、リサイクル品を利用するというケースも多くなってきました。その状況から生まれてきたのが環境推進トナーであり、エコの考え方の基本であるリサイクルをメーカーが実施するというのが基本コンセプトとなっています。

リサイクル品との違いはトナーカートリッジの所有権をメーカーが持つことによってメーカーが独占的にそのリサイクルを行うというシステムを導入しているという点です。従来のトナーカートリッジの場合には返却義務がなかったため、どういった形で処分しても問題は生じませんでした。しかし、環境推進トナーは使用後にトナーをメーカーに返却する義務があり、回収されたトナーをメーカー側がリユースあるいは部品のリサイクルに使用することが定められています。そうすることによってメーカーとしてはリサイクル業者にシェアを奪われてしまっていたトナー市場を取り戻すということを意図しています。

ユーザー側のメリットとして従来のトナーよりも安価に購入できるという点があり、品質の高さやメーカー保証が保たれるという点もメリットとなります。そういった点が環境推進トナーとリサイクル品の違いであり、より品質と保証を重視する際には重宝される選択肢となっています。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る