リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 交換時期が近づくとメッセージが出てわかるメンテナンスキットとその必要性

交換時期が近づくとメッセージが出てわかるメンテナンスキットとその必要性

プリンタや複合機を使用していく上では使用量に応じて適切なメンテナンスを行っていく必要があります。最も典型的なのはトナーカートリッジの交換であり、印刷頻度が高い場合にはそれに応じて頻繁に交換を行わなければならなくなりがちです。

続いて必要になるのに気づくことが多いのはドラムであり、多くの場合にはトナーカートリッジを4、5回交換するとエラーメッセージが表示されて交換を要求されるようになります。こういった部分は比較的よく知られていますが、これ以外にもユーザーが自分でメンテナンスを行える部分があり、メンテナンスキットとして販売されています。メンテナンスキットはフリクションパッド、給紙コロ、転写ローラー、定着ユニットといった部品からなるものが典型的であり、交換時期が近づいた際には手配しておくことが大切です。

どのパーツも比較的手軽に交換が可能であることから、キットとして販売されているというのが実情であり、説明書を見れば誰でも交換を行うことが可能です。しかし、いずれも消耗性があることから定期的な交換が望まれているものであり、多くのプリンタや複合機の場合には交換時期が近づくとメッセージが表示されます。それを参考にしてから手配しても遅くはないため、それほど神経質になって準備をしておく必要はありません。しかし、目安としてドラムの交換を行う程度の頻度でメンテナンスキットが必要になる可能性があると覚えておくと便利でしょう。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る