トップページ > 寿命が比較的長いベルトユニットの交換の必要とストックの必要性

寿命が比較的長いベルトユニットの交換の必要とストックの必要性

複合機やプリンタはオフィスの必需品として広く用いられるようになりました。
その導入コストも高いことから長く使用し続けるということが前提となっており、消耗品については適宜交換して万全の状態を保つということが一般的に行われています。どのオフィスでも、急なトナー切れにも対応できるよう、交換が頻繁に必要な消耗品のトナーカートリッジは準備しているのが一般的です。

しかし、複合機やプリンタの消耗品はトナーカートリッジだけではなく、ドラムや定着ユニットなど様々な消耗品があり、それぞれに交換が必要になります。そして、意外に認識不足になりがちなのがベルトユニットの消耗性です。

ベルトユニットとは、トナー像を用紙に転写させるユニット部品で、摩耗などが原因により交換が必要になる場合があります。

ベルトユニットの寿命はトナーカートリッジ等と比べると長いものの、一般的な基準としては8万ページごとに交換が必要と言われています。1万ページ印刷できるトナーカートリッジを使用しているプリンタや複合機では8、トナーカートリッジを8回交換毎にベルトユニットの交換を一度行うくらいの頻度です。

多くのプリンタや複合機にはベルトユニットの交換時期が近づくと、メッセージが表示される機能が備わっていることが一般的ですが、メッセージが出てから印刷できる枚数はあまり多くはないため印刷の頻度が高いオフィスの場合には、予めベルトユニットのストックを準備しておくと、業務もスムーズに行えるため便利です。

ミタでは、円滑な業務運営の応援のために、OKI・CASIO・NEC・KONICA/MINOLTA・Brother各メーカーのベルトユニットをご用意しております。

この機会に是非ご利用ください。
商品一覧の中にない場合もご相談いただければ喜んで対応いたします。

ベルトユニット 商品一覧はこちら


宜しくお願いします

お客様専用フリーダイヤル(9:00~18:00)
TEL:0120-835-666 (IP電話・携帯電話 TEL:042-978-7811)
メールでのお問い合わせ(9:00~17:00)
お問い合わせフォーム

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る