トップページ > カラーコピーが多いオフィスの経費をリサイクルトナーで削減

カラーコピーが多いオフィスの経費をリサイクルトナーで削減

現在、オフィス経営をしていく中でプリンターや複合機といった設備は必要不可欠となっています。
特に複合機の使用は、書類や、写真、宣伝、広告用POPやカタログ、パンフレットなどの印刷はもちろん、文書、写真、資料のコピーやスキャニング、FAXなどその用途は多岐にわたり、業務になくてはならないものとして活躍しています。

特に複合機を利用しているオフィスでは、そのランニングコストの管理が重要な課題のひとつとして位置づけられています。 特にカラープリント、カラーコピーを頻繁に行う現場では、消耗品にかかる費用が予算を圧迫しているということも稀ではありません。
それだけに、にトナーカートリッジの選び方を考えるということは経費削減につながる重要な視点と言えます。通常は純正品を使用するという方法をとっていますが、それをリサイクルトナーに切り替えることによって大きく経費削減を実現することが可能です。純正品に比べると破格で購入することができるからです。誰が使っていたのかもわからないカートリッジを使用したくないという場合でも、オフィスで使用していたカートリッジにトナーを充填してもらうという形でリサイクルトナーを手配することも可能であり、どれだけの期間や回数だけリサイクル品を使用してきたかということもはっきりとさせることができます。

そうすることでカートリッジ本体の劣化の度合いについても把握することができるようになるため、あまりに古くなったら新品を手配するという決断もできるようになります。カラーコピーの品質が高い状態を維持してリサイクルトナーを使うのも工夫次第で可能であり、その採用によって経費削減を実現することができるでしょう。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る