リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 互換インクの利点とその品質

互換インクの利点とその品質

互換インクとは、純正品とは異なるメーカーが製造している、純正品と同様に利用できるインクカートリッジのことです。これらは、それぞれのプリンタ用に製造しているインクの、共通している製造過程を一本化することにより、純正品よりも安く提供されているのがメリットです。

ただし、その品質はピンからキリまでといったイメージが強く、メーカーによっては当たり外れの大きいものもあります。また、互換インクを利用して故障が発生した場合、プリンタのメーカーによる保証や修理のサービスが受けられない場合もあります。このため、安いからといってすぐに飛び付くのは考え物です。 また、製造過程を共通化しているため、個々のプリンタに対する相性面でも問題があります。たとえば、同じインクを使った場合でもプリンタによって印刷結果の色合いに微妙な違いが出てくる場合があります。

こうしたトラブルを事前に防ぐためには、大手インターネット通販の商品比較を見てみるのが良いでしょう。実際に購入した人の評価や口コミなどを見ることで、あからさまな粗悪品は避けることができます。また、海外製造のものも国産のものに比べてトラブルが多いといわれますので、できれば避けたほうが無難です。 結論として、互換インクは質より量といった用途に利用するのが良いといえます。特に文字を中心としたコンテンツであれば、多少品質が悪くても問題になることは少ないからです。しかし、写真などの質を重視したいものを印刷するのであれば、純正品を選択するのが確実です。



お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る