トップページ > 故障時のトラブルが心配でも利用者が増える互換インク

故障時のトラブルが心配でも利用者が増える互換インク

パソコンが普及したことによって、パソコンで作成した文書やデジタルカメラから取り込んだ写真などを印刷するためのプリンタも大きく普及しました。業務用だけでなく、家庭でも手頃な大きさのプリンタを持つことが多くなり、必要時に必要な情報をプリントアウトできるようになっていることが多くなっています。

プリンタの価格の低下がその傾向に拍車をかけているものの、実際に使ってみるとインクカートリッジを買うのにかなりの費用がかかってしまっていることに気づきます。メーカー純正品は高価であることが多いのが事実であり、少しでも単価が安いものを手配しようと互換インクを使用することが増えてきました。各メーカーが製造しているプリンタに適合するように製造されたメーカー純正ではないインクである互換インクは、単価を安くすることによってそのメリットを出しているのが事実であり、そのために工夫をしています。パッケージを簡素にしてコストダウンを図ったり、インクの品質を下げたりといったアプローチが基本的です。

純正でないために、うまく相性が合わなくて故障が起きてしまうというトラブルもしばしば見られます。そういった際にメーカー保障期間内であっても無償修理に応じてもらえないということも珍しいことではなく、それがトラブルの原因となっていることもしばしばあります。しかし、互換インクの品質も向上してきており、価格も低い状態が保たれていることから利用者は増加してきています。



お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る