リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > トナーカートリッジの開発や販売におけるグリーン購入法の影響

トナーカートリッジの開発や販売におけるグリーン購入法の影響

国等の環境物品等の調達の推進等に関する法律という正式名称を持つグリーン購入法が定めら得たことによって、環境負荷の少ない環境物品を選んで調達あるいは購入することが法的にも求められる世の中になりました。

エコで持続可能な社会を作ろうという動きは加速する傾向があり、商品開発を行う企業はグリーン購入ガイドラインにそって情報提供を行ったり、グリーン購入法の対象となるように商品開発を行ったりしていくことが社会的立場から不可欠な状況になってきています。特に消耗品開発においてはその傾向が顕著であり、グリーン購入法適合の商品開発が広く進められてきています。

プリンタや複合機を用いて書類を印刷する際に用いるトナーカートリッジもその一つである消耗品であり、その要件に合う製品開発が進められてきています。企業において求められている典型的なことはカートリッジの回収、再使用、リサイクルに取り組んでいくことであり、それらが一定基準を満たしているかということが大きな課題となっています。これを受けて、トナーカートリッジの材質としてリサイクルや再使用が容易なものを開発して市場にのせたり、販売している業者に返却するのを消費者に義務付ける代わりに価格を下げるといったアプローチがとられるようになってきています。

こういった取り組みが様々な形で行われてきているのがトナーカートリッジの開発や販売を行う業者の状況となっています。



お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る