トップページ > リサイクル品のトナーカートリッジでコスト削減

リサイクル品のトナーカートリッジでコスト削減

プリンターや複合機から行うコスト削減

情報化が進む現代社会では、書類や写真などをプリントアウトする機会が非常に多く、オフィスや自宅など様々な場面で頻繁にプリンターや複合機の活躍する時代になっています。

使用頻度が高いプリンターや複合機からコスト削減を考える上では、消耗品であるトナーカートリッジに注目し、見直していってはいかがでしょうか。

リサイクルトナーカートリッジの普及

消耗品にもかかわらず、比較的高価なトナーカートリッジにかかるコストの削減というニーズに応える動きとして生まれてきているのがリサイクル品です。

一般的に、トナーカートリッジを購入して交換するのはメーカーの純正品とされていますが、最近はより安価に入手可能なトナーカートリッジとして、リサイクル品の普及が進んでいます。
リサイクルトナーとは使用済みのカートリッジを回収してカートリッジの消耗部品へ補修を行い、トナーを充填して作成されたものです。

リサイクル品の普及により、消費者のコスト削減という要望に応えていくだけでなく、カートリッジを再生して使っていくことで環境負荷を減らすというメリットもあります。

リサイクルトナーの種類

リサイクルトナーもその生産方法によりいくつか種類があり、その性質を理解しておくことが、より良いトナー選びの秘訣です。

大きな違いは、トナーとトナーカートリッジの製造元の違いになります。
メーカー純正トナーを使った再生品と、より安価なトナーを利用して低価格化を行った再生品があります。

メーカー純正トナーを使った再生品は「純正再生品」と呼ばれ、印刷も純正トナーと大きく変わらない質が保たれます。後者は、印刷の質は純正再生品より劣っていますが、質はあまりこだわらない印刷物を大量に行うオフィスなどに向いてるといえます。

その品質がどれだけ信頼できるかということはどのトナーを用いているかと、カートリッジの補修の行われ方に大きく依存するため、その提供業者を選ぶことが重要になります。

プリンターや複合機の使用が避けて通れない今日だからこそ、より低価格で準備することできるリサイクル品のトナーカートリッジの利用は賢明な判断でしょう。そうすることで環境負荷の軽減にも寄与していくことができます。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

get_adobe_reader

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る