トップページ > トナーとインクの違いについて

トナーとインクの違いについて

ビジネスにはパソコンが欠かすことができない時代になりました。
同時に、パソコンで作成したデータを印刷するプリンターも、オフィスに欠かせない設備となっています。

プリンターにはトナーかインクが必要で、印刷の用途に合わせて選ぶことが重要です。

トナーとインクにはそれぞれ違いがあり、その特性を理解していただけるよう、こちらではトナーとインクについてご紹介します。

素材・印字方法

トナーとインクでは素材と印字方法が全く違い、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

・トナーの素材と印字方法

トナーは粉状のインクのことで、レーザープリンター、印刷機などで使われています。
トナーカートリッジのトナーを静電気と熱の力を利用して紙に定着させる圧着方法で印刷します。

・インクの素材と印字方法

インクは、顔料・染料を含んだ液体を、インクジェットプリンターで印刷します。
インクジェットプリンターは、インクに圧力や熱を加え直接用紙に噴射して紙に定着させる噴射方法なのです。

・トナーとインクの特徴

トナーは「定着性が高く色が滲まない」、「印刷速度が速い」、「カラーでも普通用紙を使用できる」、「耐久性が良い」などがメリットです。
一方で、インクジェットに比べると繊細な色の表現は低いため、文書や図面の印刷を頻繁に行うビジネスシーンでの活躍に向いています。
インクの大きな特長は「色の再現性が高いこと」です。
デメリットとしては、「専用紙以外での印刷で色が滲む」、「印刷速度が遅い」などがります。
インクジェットプリンターをしようした印刷は、写真など仕上がりが高画質になる印刷に向いています。

印刷する紙について

印刷で使用する用紙は決められているものとイメージされる方が多いのではないでしょうか。インクを使用する場合は限定されている用紙しか使用することができませんが、トナーを使用すると再生紙などにも印刷をすることができるのです。そのため、トナーを使用すると用紙にかかる費用を抑えることができるので、大幅にコストを削減することができます。現代ではカートリッジを回収・再生したリサイクルトナーというものも登場しています。

印刷時間

トナーが定着しているということを簡単に表現してみますと、紙にトナーが乗っているだけの状態なので印刷をスピーディーに進めることができます。印刷物が大量にあっても高速で印刷することができます。インクは時間が経てば経つほどインクが紙に浸透するので、浸透して色に落ち着きが出るまでには時間がかかってしまいます。短時間で大量の印刷をしたいと考えられている方にはトナーを、鮮やかな色をしっかり浸透させて高画質に印刷したいと考えられている方にはインクをおすすめします。

インク 通販でリサイクルトナーやインクをお探しの方は、mitaをご利用ください。エプソンやリコーなど多数のメーカーのリサイクルトナーはもちろん、アウトレット商品で激安価格の新品トナーやインクを送料無料でお届け致します。





お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る