リサイクルトナー・インクカートリッジの通販サイト|mita

商品カテゴリー

  • トナー・ドラムカートリッジ 通販商品一覧
  • インク 通販商品一覧
  • レジロール紙(感熱紙・普通紙タイプ) 通販商品一覧
  • インクジェットロール紙 通販商品一覧
  • コピー用紙 通販商品一覧
  • ラベル用紙・ラベルシール
  • OA用紙・帳票用紙 通販商品一覧)
  • タイムカード 通販商品一覧
  • テプラ用互換テープカートリッジ
  • OA機器(プリンタ・複合機など) 通販商品一覧
  • おすすめ商品

領収書発行致します

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※オレンジ色のセルは休業日です

トップページ > 消耗品のコストを抑えるコツ

消耗品のコストを抑えるコツ

社内で必要とされる必要経費の中でも、消耗品に関するコストはなるべく抑えたいものです。こちらでは、ちょっとしたポイントを押さえるだけですぐにできる、コスト節約術をご紹介します。

印刷ミスをなくす

日常の様々な業務の中で、日報や定例会議議事録のまとめといったルーティン業務を担当されている方もいらっしゃると思います。しかし、オフィスの消耗品コストを考えた時、印刷にかかる費用が大きなものであることを意識されている方は、意外に少ないものです。用紙はもちろん、インクカートリッジなどの周辺備品の寿命を早めることにもなりますので、オフィス文書の印刷時には注意を払うといった日常的な工夫から始めてみてはいかがでしょうか。

1人1人の意識付け

オフィスの消耗品コストを抑えるためには、スタッフの消耗品に対する意識も必要になります。例えば、インクカートリッジを例にとると、1個あたりいくらの費用で1枚印刷するのにいくらかかるのか、また、その費用を確保するためにどれだけの売り上げを挙げる必要があるのかといった情報を発信することで、消耗品に対する意識を変えることができます。また、意識付けを目的として社内の備品運用ルールを定めるといった方法も有効です。

管理の一元化

会社の管理方法として、個人や支店ごとで使用する備品の購入を、個々の判断に任せているケースがあります。例えば、支店間の行き来が多い会社の場合、カラープリンターの機種や対応インクカートリッジを同じ機種で揃えることで、余剰備品の調節を支店間で行うなどの対応ができます。そのため、本当に必要な時だけの備品購入に留めるといった工夫ができるのです。また、エプソンやキャノン、ブラザーといったメーカーを揃えるだけで、必要備品の互換性を高めることも可能になります。

その他には、消耗品関係の激安情報への網を張っておく、消耗品コストに特化した収支簿をつけるといった方法があります。ちょっとした意識付けやポイントを押さえるだけで、コストの節約につながりますので、ぜひお試しください。




お取り扱いメーカーと、3タイプから選べるトナーの種類

メーカー純正品はもちろん、輸入純正品・汎用品・再生品(リサイクル)と
3タイプのトナー・ドラムをご用意しております。

トナー・ドラムの商品一覧はこちら

FAXでご注文のお客様へ

FAXでのご注文の際は、注文用紙をダウンロードしてご利用ください。
注文用紙(PDF形式)をダウンロード

※PDF書類をご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
※Adobe Readerをお持ちでない方は、右のアイコンから入手できます。

トナーインクカートリッジを探す

メーカーを選ぶ

機種名を入力する

プリンター機種
トナー・インク型番

価格を見る


ページの上部に戻る